人気ブログランキング | 話題のタグを見る

gbf 袋叩き

 6アカも動かせばちょっと動かしただけで疲労も大きい。
1分ほどで倒してしまうマグナHLなんかは操作量が多すぎてやってられませんし、3分ほどのマグナ2もかなり面倒くさい。

 ということで、5分くらい叩かせてくれるマリスや6竜なんかが丁度よい日課。

つよバハ・アルバハ以上は運がからんで面倒くさいので勝率が100%になるまではフルオフクロは封印で。


やってたものの、やはり運ゲーな敵とそうでない敵の差がすさまじい。

こちらが求めているのは放置している間の100%の勝利なので、放置してる間に全滅してましたわっていう状況は作りたくないし、救援を外にも出したくないという感じ。

そういう前提でマリス・6竜について少々。








More
# by 25627 | 2021-10-16 09:42 | グランブルーファンタジー | Trackback | Comments(0)
復帰一週間。

サービス開始当初(サ当)と比べるとかなり快適になってはいるのですが、いかんせん回数が・・・

現状4倍でステータスMAXにするのに、遠征で100くらいまで上げるとして、そこから300戦くらいかな?それくらいはかかります。

HPMAXにしようとすれば800戦くらいかかります。
うーん、ちょっとイカれてるねと言いたいところですが、サ当は4倍なんかない上に普通に2000戦くらいかかってたので異常度はややマイルドになっていると思います。



●ポイント的なところ

強いキャラがいないと話にならない。

 このゲームを全部手動でやるようなイカれた剛の者は存在しないと思いますが、とにかく「全力オート」を前提としてキャラ強化し、超強敵相手だけ手動、というスタイルを通常の人間として話を進めます。

 強いキャラはガチャで集めます

ミもフタもねえ話ですが。このゲームのインフレ率ってもうすでに始まっていて、現行の新しいガチャキャラが出るごとに古いキャラはガンガン型落ちになっていってて、純粋に性能差が広がっていっているのが現実です。
 しかし無料石を入手する手段が豊富にあるので、不要なキャラを取ってたりしなければちゃんと要所で必要なキャラを拾っていけると思います。

①アビリティの相対評価
 攻撃力アップⅠ みたいなアビリティがありますが、今はもうⅥとかがあるのかな、当たり前ですが凄まじい与ダメージ差になっているので、どうしようもないキャラ性能差となっています。

②スキルの相対評価
 昔は全体攻撃スキルなんてのが重宝されました、もちろん今もですが。
昔は最強でもBP9でCランクの全体攻撃なんてのがメインでしたが、今はBP10でAランクの全体攻撃とかが撃てるようになっています。当たり前ですがこのゲーム、敵の火力がキチ狂っているので、出合い頭の最大火力で敵を消し飛ばすという「攻撃は最大の防御」を地で行っています。強力な全体攻撃があるとないがそっくりそのまま性能差ということになります。
 さすがにこれだけのスキル差はまずいということで型落ちキャラの救済措置として「練達」という糞スキル救済コンテンツがあります。しかし、序盤に出てきた型落ちキャラ=人気キャラということもあり、今後新キャラとして出直してくる可能性は十分にあり、やる意味あるのかこれ?という印象。1発出しの不人気キャラの型落ちにどうしようもないほどのキャラ愛がある人用のコンテンツという感じですね。


ほかの基本となる強化要素

③SS武器の取得・強化
 イベントなんかで取れる武器が最強種となっているようで、これを集め強化するのが急務です。ありとなしで火力が桁違いに変わります。
 しかし、現状取り直しできないものも含めて入手が困難なものが多いので、諦めるか、S武器を「錬成」して厳選するかしかないでしょう。

④スキル覚醒
 基本中の基本。もうこの覚醒込みでキャラデザインされているので、覚醒したという前提で全てのキャラ評価がなされています。


以上の強化ができて初めて

⑤手動での攻撃属性の相性を加味した編成と戦闘
 が可能となります。
 要は、超絶長い修行パートと一握りの戦闘パートに分かれているという感じでしょうか。
 最も重要なのは防御相性で、弱点持ちだとワンパンでやられるような攻撃を有利持ちだと3発くらいまで食らえるようになります。キャラごとに弱点が一つ設定されているので、最低でも3種類の弱点持ちx5の15キャラが編成できればこれでようやく強敵と戦いにいけるようになった、と言えるでしょう。





●初期と比べて

 かなり快適になったと思います。
主要キャラ全部揃えてても運ゲーの極みで、ここまで忠実にサガ3を再現せんでもええんやぞ、というそりゃもう酷い評価でしたが・・

 まあこちら側のキャラの性能がそれだけ上がってきてるということに尽きます。




さて、無料石の回収もあらかた終わったので、またしばしログボ勢に。

# by 25627 | 2021-10-05 22:39 | ゲーム全般 | Trackback | Comments(0)

自民党総裁選とか 開票

自民党総裁選とか 開票_f0162328_14113253.png
いやあ、気持ちよく割れましたねえ。

予想はずれて、なんと1次1位が岸田さんという結果に。河野さんの票が伸びませんでしたね。

この1次結果により、野田・親朝鮮政策は影響力微小、これまで通りムン政権が終わり次の大統領になるまで凍結というスタイルで、朝鮮関連の産業保護(種苗法・漁業権協定・輸出管理)の譲歩も無しというこれまで通りのやり方になっていくでしょう。

 高市・ナショナリズム政策は、予想を遥かに上回る大善戦でした。これだけの人数が集まるということはその影響力はかなり大きく、今回後ろに立っていた安倍晋三議員の影響力も凄まじいんだなあと思います。そしてここに同意しますよって勢力が自民党内部で4分の一も存在するということが何より凄まじく、党としてこの大勢力を無視することはできないでしょう。

※コラム ナショナリズムに関して
 ナショナリズムの力が垣間見える総選挙でしたが、しかしまだ日本にそこまでの決断が許されるほどの体力は無い。コロナ禍中でもありますし、根性論でなんとかなる世界にはなっていないので。
 安定がわかりぬるま湯に浸かった人間ほど腐敗するものはありません。社会主義の破綻は最たるものですし、青田買い市場に甘えた某大学の法学生留年爆増事件なんかもこれに相当するでしょう。「チョロいわ」と感じた瞬間にその人の人生は緩やかに下り始めるということですね。
 反して、苦難が訪れた時に人間は最大のパフォーマンスを発揮します、これは日本人ならよく共感できるのではと思いますが。日本人は苦難を丁度良くコントロールされることで進化してきました。元・清・露との戦争ではすべてにおいて相手方が圧倒的多数で、GDP換算でも到底かなわないはずの戦力でも情報不足が幸いして勝利を得てきました。しかしアメリカとの戦いでは情報不足により負けることとなりました。その後の日本人のがれきからの復興が文民による最大級のパフォーマンスを発揮したと言えるでしょう。日本人の進化は常に避けられない苦難と共にあり、日本人は苦難にあった方が強く、そして苦難を乗り越えることに慣れている。
 しかしナショナリズムとは情報の多寡で大きく成果が分かれるということを常に心しておきたいところです。



※余談
「ネトウヨ」について。
これは当ブログでもたまーに取り上げておりますが、ネトウヨの語源となったものは彼らの行動からです。一瞬「ネトタカ」という言葉を使う人達もいましたが語呂が悪いので流行りませんでした。「ウヨク」というものが彼らの中で好意的に受け入れられていたのも情報不足がなした黒歴史なのかなとも思います。
当時の朝日新聞の捏造のひどさ、そして極めつけとなったのが2002年の日韓ワールドカップでの偏向報道のあまりの酷さが起点となり、「ゆがめられた情報に敵対する者」が自らをネトウヨと自称し始めたことが始まりです。当時の有名人としては「プロパガンダバスター」といわれるイタリア系アメリカ人のトニー・マラーノ氏や、日本では櫻井よしこさん、漫画家の小林よしのりさんなどが2002年ごろから「保守」としてネトウヨと同調していました。
そして、ネット上で「ネトウヨ」を自称する人たちが積極的にマスコミの悪行を拡散していく中、メディアに対しそれなりのダメージを与えたことで、このネトウヨ達は自然と消えていきました。

そしてネトウヨは帰ってきた。
ツイッターがさかんに使われだした2011年ごろです。

ネトウヨを復活させたのはサヨク(共産党・社民党)の皆さんですが、のちに民主党のみなさんもこれに同調します。彼らは基本的に「自分の意見に合わないもの」をすべてネトウヨと呼びますが、ここで困ったことに本来中庸と言われる人たちも「ネトウヨ」という言葉を定義し始めます。その流れに釣られるように右派という方々も「ネトウヨ」を使用し始めるのです。

ここに細かく彼らが定義する「ネトウヨ」をまとめます。

・共産主義者・社民党・民主党が定義するネトウヨ=自分たちの意見とは違う者のこと全て
 これはすなわち、自分を支持していない97%超の人間を指しており、さらにいうと共産党・社民党・民主党同士が互いを「ネトウヨ」と罵声を浴びせる事態もツイッターでは散見される。これがいわゆる「内ゲバ」と言われる、殺人を生む下地なのだろうと推測される。
 このことを反省し、サヨクの戦略として「政権を徹底的に叩くだけに止め、話し合いはしない」という戦略がある。議論してしまえば内ゲバを生むからだ。これがサヨクがシュプレヒコールしかせず、まともな議論ができないと言われる所以であり、どれだけ頭が悪くとも参加できるという利点がある。
 代表人物はせやろがいおじさんという人かな。話のすり替えの勢いがすごくて「えっ?そうなのか?」という疑問が次の疑問で流されていく典型的なすり替え論法者で、冷静に見れば共産主義者のルサンチマン視点での理屈でしかないよねっていう。産業ロックみたいな勢いあって僕は結構好きです。

・右派が定義するネトウヨ=自分と考えの違う右派
 右派は大筋意見が合っていても、ちょっとした考え方の違いから突然喧嘩を始めるのはサヨクと本質は変わらない。にんげんだもの。
 右派がサヨクと違うところは、サヨクはサヨク同士で殺し合いを始めないよう過去から学んでいることから、ネット上でも敵(右派・保守・中庸)をしかと見据えて暴言だけを残して逃げていくのに対し、右派はその前例がないためすぐに罵り合いが始まる。が、所詮ネットだけでのことなので箱庭でキャットファイトをしているかのようなほほえましさを残して去っていき、両方が勝利宣言をしてブロックして終わるというほほえましい時間の無駄をしている。その相手(自分と意見の合わない・理解が及ばない相手)を「ネトウヨ」としているが、一般人レベルでは「ひょっとしたら自分もネトウヨなのでは?」という意識が働き、あまり使用しない。
 代表的な人物は百田尚樹さんですね。この方は売り言葉に対して使うので自分から積極的にネトウヨとは発言していませんが、使い方の適切さで言えばこの人しかいないでしょう。どうやっても理解できないちょっとした考えの違いから文句を言ってくる右派に対してネトウヨと呼ぶことがあります。
 この総選挙で高市議員が言っていた「良からぬ応援団」はいわゆる「ネトウヨ」のことでしょうが、言われてる人達は自分のことだと全く思ってないのがちょっと面白かったですね。綾小路きみまろ?だったか、オバチャンいじりを見てるみたいで人間って面白いなーと思いました。

・中庸が使用するネトウヨ=馬鹿なナショナリスト
 線引きが非常に難しいが、経済を消費税や緊縮でしか考えられず、反中反中叫んでいるようなレベルの人は間違いなくここに分類されていると思う。「カネいらねーから誇りよこせ」と言いながら同じ口で「カネよこせ」って言ってる人達ですかね。
 そもそも中庸という類の人たちはサヨクからも右派からも挟まれて常にボッコボコになってる人達なので、その思想を貫き通すためにNewtral Aggressor(中庸強硬派)ともいうべき超攻撃的な人か、周りを全員馬鹿だと思っているCynical Monster(嫌味な糞野郎)が目立ちますが、その数は非常に少ないです。当たり前ですが、中庸でメシ食っていける人って右左と比べて少ないですし、基本多くの人はその理屈に耳が痛いので需要が無いんです。なのでメシ食うためにどんどん過激化(エンタメ)するしかない。このへんはサヨクや右派と同じですね、にんげんだもの。
 代表的な人物は池田・・なんとかさん、調べるのもアレなのでこのままいきましょう。初期はおだやかで知識を与えてくれる感じな口調の中庸でしたが、ブッ叩かれ過ぎて現在ではシニカルモンスターと化しています。信頼できる人ほっとんどおらんのだろうなあという無常を感じますが本人は楽しそうなのでなんだか僕も楽しくなります。
 もう一方は筑波大学だったかの先生ですね、NHKを真正面からブッ潰そうとしてる勇の方です。この方も初期は「先生!」と言いたくなるほど、おだやかで知的な方だったのですが、ツイッターで某右派の人に鬼絡みされてから人が変わってしまいました。ど真ん中中庸私見を見知らぬ相手のコメントに乗り込んでぶつけるというアグレッサースタイルを確立してしまい、人が変貌するのってこんなにも寂しい気持ちになるんやねという、結婚したアイドルを送り出すオタクの気持ちがわかったような気がしました。

・よくわからない人が使うネトウヨ金になるならだれに対してでも使う
 西村博之さんに極論破されてる画像がベストセラー級のあの人、名前知らないけど、あの人なんかがこれに相当するでしょう。
あの人は確か元右派として本出してたりしますけど、なんか左転して突然立憲民主党の議員みたいなこと言い出したというテレビっぽい経歴の人ですね。
 逆に右転してる人も結構いるのですが右転の人はネトウヨとは基本言いませんね。(上記の櫻井よしこさんとか、チバレイコさん?とか)まあ思想の転換にはいちいち文句は言いません、人間生きるために金は必要ですから。

 中転の人っていないですよね、そりゃ当たり前ですが、知識が入れば入るほど経済と国家観のはざまで自分ができることの少なさが理解できてくるからです。そして語れば左右から中途半端と言われ袋叩きに合う。中庸の一般人って徐々に論じなくなるもので、時にサイレントマジョリティーと同一視されますが本質は別物ということに留意したい。

 まとめますと、「ネトウヨ」という言葉は同じなのに対して、立場によって意味の違う同音異義語が多数生まれているということが事態をややこしくしています。
これ、各陣営、せめて右派くらいはちゃんと定義したほうがいいと思うんですけどね。サヨクさんなんかまったく考えの違う人たちと「野党共闘」とかいって協力してるんですよ、カネ欲しさに一時的でも協力できるってやっぱりカネってすごいわと思いますが、これも過去多くの殺人を犯した例からちゃんと学んでいるということですね。

 ネトウヨ誕生から20年、今後からも目が離せません。






今回の総裁選はものすごくわかりやすく。

河野議員:多角的合理化による経済優先政策(利中政策
岸田議員:スピード感はないがバランスの良く確実性の高い後の先政策
高市議員:苦難の道から光明を見出すナショナリズム政策
野田議員:朝鮮とのステークホルダーの割合を量るレーダー

この数字から読み取れることは非常に多く、政治に明るい方々の見解が楽しみです。

 それにしても岸田さん1次1位というのは本当に意外でした。河野さん300くらい取って1位になると思っていたので。岸田さんと高市さんが頑張ったということはすなわち、メディアの影響力そして中国の影響力(関わることで利益になるという概念)が落ちているということになりますね。
 そして安倍政権時代に完全に解決された南朝鮮関係はかなりすっきりしたものになっています。25年前ならどの候補にも必ず朝鮮の要素が溶け込んでいたのですが、「かなり分離してきたなあ」と実感するものがあります。朝鮮もここまで来てしまうとまともな国になるのに50年以上かかるでしょうし、中国が終われば連鎖的に朝鮮も終わるので、かなりの議員が泥船から逃げ出してしまったということが数字と政策から読み取れます。


自民党総裁選とか 開票_f0162328_15051405.png
で、結果はこう。

前もって岸田ー高市の協力関係が出来ていたので、決選になれば河野議員に勝ち目は無く、1次で過半数取れなければ河野総裁の確率はほぼゼロという状態。見るまでもないというやつでした。


さて、10月は岸田総裁のもと総選挙が始まります。
日本の国家運営は2012年ごろからは中国の覇権行動とアメリカのサブプライム破綻でド凹み食らったあたりから、軸足がちゃんと日本に乗ってるなという政権運営を感じます。これまで通り日本の国益を優先させ、経験豊富で狡猾な政権運営は岸田さんが適任であると思います。




さて、ダラダラしよ・・

# by 25627 | 2021-09-29 17:00 | 時事 | Trackback | Comments(0)
 ということで久々にやってみることに。
周年イベント表示されたらコソコソとログボもらってたりしてたので無料石は30万ほど、天井6発分くらいですかね。


 このゲームの面倒くさいところはアプリ版しかないので、スマホでやっちゃうと他何もできなくなっちゃうところ。さすがにこのご時世にスマホがいちアプチに占有されるってそりゃないっすよ。まあ携帯複数台でログボ専用携帯とか用意してるわけですが。
 PCでできるエミュレータも出てたりしますが、これは完全にサポート外、認可外であることと、エミュレータにマクロがくっ付いてるのでさすがにこれはちょっとね・・というゲーマーの矜持みたいなやつが勝りました。
 ログボ勢にも厳しい仕様になっていて、ログボもらうだけで5分くらいかかるっていうのが足かせになって足が遠のきました。
 ゲームバランスも良くも悪くもSaGaなので、理不尽全滅が念頭にないとやってられません。


 以上の、まあこれ長続きせんだろうなあ・・・こりゃ消えるわ、と予想して2か月でやめたのですが、予想に反して息が長い。
ポチゲー業界は2年以内死亡率が極めて高いので、2年生き残れば割とそこからさらに2~3年は生き残ります。

 グラブルと違って新たに追加キャラクターをデザインする労力がデザイナーの数で分担できるのがいいですね。デザイナーさんによる好みとかは当然あるでしょうが・・
 こういうスピード感のあるガチャ追加は無料石配る量も多くなるのでログボさえとれればずーっと無料で遊べます。


 久々にやってみて

最初の何だったんってレベルで大改装されていて、最初ベータで金稼ぎながら調整、というポチゲーの鉄板自転車運営を地で行っています。

・ログボの糞長ったらしい演出が若干スキップできるようになっている
・覚醒技回りも再設定可能になっていて使いやすくなっている
・能力アップする確率がほんのり視覚化

まあこんな感じでしょうか。
1年目実装のキャラは軒並み中古品になってて使い物にならなったのですが、要所で「ジョー」やら「にんげんおんな」やらの強キャラとされるものをガチャで取っていたようなのでこれと「めがみ」「かみ」「アポロン」を加えてサクっと進めていきます。2年半というブランクもありますが、めがみは超火力・ファスト超回復・自己修復など、控えめに言って糞ぶっ壊れキャラなのでこのキャラいればあと3年戦えるのでは。
 昔の基幹デザインで育ってるんで「めがみ」とか「シリュー」とかの古臭いかんじ、ハイレッグカットやらビキニアーマーとかブルマとかの90年代の誘惑に勝てない気が付いたらガチャが回ってる感覚が。未来的なフォルム(未来?こんなもんでええんちゃう?)みたいなよくわかってない方向へ手探りで向かっていく感じが好きなのかもしれませんね。スターウォーズが好きってのと完全に一緒の感覚。

 今回はGB版のリデザインだったのでよかったのですが、DS版のリメイクサガのデザインだったら絶対に復帰してなかったと言い切る。
 90年代にあった「未来的なもの」が
「こんな未来もうありえないよね、空飛ぶ車?円形基調の建物?現実見て。」
「ほら、ドラえもんも結局できなかったわけだし」みたいな感じで否定されてるのはちょっと悲しいものがあります。
 まあ今はポリコレもうるさいから中々こういう露出系SFはやりにくかろうと思います。



再開時のHPは710
まあ、やめた時の上限ですね。いつ辞めたかがわかりやすくてよろしい。
ランクは310から。

コンテンツが増えまくっているので追っかけるのに1日使いましたが、現在5日目でなんとかわかってきた模様。
ステータス4倍成長もあって、成長が一瞬。
重要なのはステータスですが、キャラクターにあったSS武器を用意するのもメチャクチャ重要になってて、ありとなしで火力が3~6倍くらい(マジで)変わってるので、イベントごとに配布されてるSS武器や装備メダルを取るのは必須というくらい必須。
課金ガチャよりイベントを消化する方が重要という、継続型の半放置ポチゲーという感じ。

HP1500までサクサクっと上げて後はこのまま相性良い敵と戦いながらHP1710を目指せばいいのかなという感じ。
2年半が5日で追いつくのかこのゲームは・・と。厳密には装備の進化やらキャラの幅やらマスターアビリティポイントなど細かいところで差がついているのでしょうが、復帰後すぐに目の前の特攻ガチャ引けば即最難関クエストまで参加できちゃうというのはかなり親切設計だなあと思いました。

 シナリオはきりが良く第1部完結みたいな感じになってました。
これサービス当初からですが、シナリオの話が飛びッ飛びで「ソードマスターヤマト」みたいな打ち切り感がすごい。なんやこの展開っていう。シナリオライターなろう出身ですか?っていうレベルで酷い。
 ただクライマックスだけはちゃんとしてて、熱くはないけどぬるい展開という感じでなかなか良かったです。

ということで、追っついたのであとはダラダラとやらないように適当なところで切り上げる感じですね・・・次は3周年かな?そこらまでログボ勢になっときます。



ほか


More
# by 25627 | 2021-09-27 09:24 | グランブルーファンタジー | Trackback | Comments(0)

自民党総裁選とか

 そろそろ衆院選挙ですね、と先だっていつもの自民党総裁選もあります。

 次の衆院選ではいつものように

与党(自民&公明)vs極左連合(立民・共産・社民+れ) という構図になるのではないかと。


 衆院選の旗色としては、10年前に民主党という極左転換した政党が盛大にやらかしちゃってるので極左に対する期待感というのはすでに皆無に等しかったりします。ですので今回も自民・公明の優勢で治まるでしょう。

 ということで、10月アタマにとんでもないことをやらかさない限り、実質的にはこの自民党総裁選で決まった人が次の総理大臣になる感じで。
この総裁選に出れる人ってのは推薦人20名の確保とマスコミの喜ぶネタの出ないであろう人が出馬を許されます。



以下細けー話など


More
# by 25627 | 2021-09-12 10:44 | 時事 | Trackback | Comments(0)

日々の遊びを。日記ツール。


by 25627